トップページへ会社案内へサイトマップへ資料請求とお問い合わせ

ウェブページ

オールセラミックレストレーションを成功させるためには

―先進技術導入で何が変わるのか?―

近年、歯科医療は瞠目の進歩を遂げ、術者・患者双方の期待を充足しています。
特に歯科技工においては精度と審美性が求められるなかジルコニアが注目されています。今回は、講演にあわせて実際に機器を操作していただき設計を行いフレームを完成させていただく実習も行います。ジルコニアの導入を検討いただき、経営のサポートとしていただきたく皆様のご参加をお待ちしております。
日  時 : 2012年3月25日(日) 13:00 ~ 17:00
定  員 : 10名  参加費 :¥3,000      
         満員御礼となりました第二段をご期待ください
場  所 : 岩崎歯科器材株式会社3階セミナールーム
講  師 : 高崎卓司先生

㈱ 高崎デンタルラボラトリー代表取締役社長
大阪SJCD会員
POI上部構造インストラクター
アドバシステムセンターラボ

CAD/CAMシステムの進化とともに現在注目されているマテリアル、ジルコニアは、生体親和性と審美性に非常に優れ、強度においてはメタルを凌駕するオールセラミックスとして、海外においてはもちろんのこと、国内でも既に数多くの臨床に取り入れられています。そして、半透明ジルコニアといった透明度の高いジルコニアや咬合圧に強いと言われるジルコニアプレス、削りだしたままのオールジルコニアの登場により、ジルコニアの臨床範囲が大幅に広がりました。
さらにはチッピングやクラック等の原因もほぼ解決したように思えます。今回の講演では、ジルコニアオールセラミックス製作における基本、各マテリアルの特長、設計からフレームの完成をしていただく実習まで行います。

ページ上部へ戻る チームマネジメントのサイトへ いい歯医者ドットコムのサイトへ
Copyright (C) 2006 IWASAKI Odontology Department Materials Corporation. All Rights Reserved.
Powered by Movable Type