トップページへ会社案内へサイトマップへ資料請求とお問い合わせ

2008年5月アーカイブ

2008年5月19日 第38回モリタSFD総会が東京国際フォーラムに於いて開催され、冒頭において、歯科業界を取り巻く環境について森田晴夫社長より
「2006年の社会保険診療報酬の改定以降、歯科診療所の収入は減少しているが、行政に於いて生活習慣病,歯周治療などの予防が推進され、患者の口腔衛生への関心が高まっているので、自費診療へのつながりが期待される」とのお話があり、2007年度の業績はトータルで101,1%(2008年3月前年対比器械99.6%・材料102%)の伸びであったとの報告がされました。
機器に於いては、デジタル関連機器が119.2%(2005年対比)と大きく伸ばしており、3DXマイクロイメージCT FPD が文部科学大臣発明奨励賞を受賞。
健康産業としてのCS活動として、ISO14001環境活動・情報セキュリティ強化・ピンクリボン運動への参加・AEDの社内設置(14ヶ所)・社内全館禁煙・社員歯科検診・More smiles!活動などへの取り組みが報告されました。
㈱モリタは歯科界の老舗であり、今後ともオピニオンリーダーとしての活動が期待されるところです。

ページ上部へ戻る チームマネジメントのサイトへ いい歯医者ドットコムのサイトへ
Copyright (C) 2006 IWASAKI Odontology Department Materials Corporation. All Rights Reserved.
Powered by Movable Type