トップページへ会社案内へサイトマップへ資料請求とお問い合わせ

2007年8月アーカイブ

貴方の最大のライバルは誰でしょうか?
自分でしょうか??
最近できた近隣の歯科医院でしょうか? (同業者)
旅行業者でしょうか?(余暇へお金を持っていく)
私はバブル以前には歯科業界のライバルは旅行業界と思っていました。
株式や証券、保険などは必要な時に取り崩して治療費に当てられますが
旅行にお金を使ってしまい、まとまったお金がないので保健の範囲で...。
というお話をよく耳にしたからです。
(高額診療を進めているわけではありません。お金に制限されずあくまで
その人に合った最良の治療を受けていただきたいという気持ちです。)

最大のライバルは、時代、そう、時代の変化です
大量生産が行われ、早く、安く、物を供給することが求められた時代
ところが、早い、安い、うまいはあたりまえの時代となり、やがて質が求め
られ、今でも上質という言葉をよく耳にしますが、今世紀当初には人々の
価値観は、物から人へと移行するパラダイムシフトが起こり、感動消費時代
といわれる時代となりました。
そう、サービスやその根底にあるコミュニケーション、つまり、人に対しての
上質が求められています。

「最大のライバルは時代の変化。最近、物に対するクレームより人
に対するクレームのほうが多くありませんか?」

と熱く語られるのはおくさま印幸南食糧㈱の社長、川西修様です。
幸南食糧㈱ホームページ
川西修社長は松原市倫理法人会(ホームページ)のメンバーで
中央区モーニングセミナ-で講演していただき、早朝にもかかわらず60名
以上の参加者が熱心に聴講させていただきました。
食育の後援会もされており食育と歯科医療について相談させていただいて
おります。
お米が主要な取り扱い商品で、少子社会に於いて消費が半減している中
川西修社長は独立して一代で、現在売上220億の企業に成長せられて
います。
他のお米屋さんと違い、指定された時間に家まで直接お届けするなど
日頃からサービスに重点をおいておられましたが売上が8億を超えたときに
1億からの売上げがある長年のお得意先にいきなり取引を断られ
人の対応に問題があったことを知らされました。
それは、日常の挨拶、気遣い、提案、スピード等あたりまえのことに起因
してました。

「物の差より人の差、人の資質が問われています。
教育にも教える教育と教えない教育がある。
元気・挨拶・スピード等の実践を行う気付きの教育が大切です。
人を大切に(親を大切に)、マナー、身だしなみで大切なのは声、声は業績に
比例する。今までできていなかったあたりまえのことをあたりまえにできる
よう見直し、人を大切にした小さな一流企業を目指している」

とご教示いただきました。 川西修社長様有難うございました。

弊社におきましても、人を大切にし先生方との夢の共有をテーマとさせていただき
人としての資質を向上し、医院の方向性に従い微力ですが先生
方のお役に立つよう邁進させていただきます。
医院の方向性につきましてもお気軽にお声がけいただきますようご案内申し
上げます。
個性に合ったオンリーワンの創造お問い合せは、こちらまで

〜頭で考える時代から心で感じる時代へ〜
『感動消費時代』

歯科医院も2極分化が進む中で繁栄する歯科医院とは?
診療報酬、患者数,可処分所得などが減少!
世の中景気が悪いのだからとあきらめてよいのでしょうか?

数多くの情報が氾濫する中で歯科医院の進んでいく方向性とは?
今回、恒例のタカラベルモントデンタルフェアーにて
大阪SJCD顧問の木原敏裕先生をお招きし
どの方向に進んでいけばドクター&スタッフがストレスなく仕事ができ
明るい将来像が描けるのかお話をお聞きします。

詳しくはこだわりイベント情報をご参照ください。

恒例の、タカラベルモントのデンタルフェアーです。
先日ご紹介させていただきましたタカラベルモント歯科用コーンビーム
CTセミナーとともに開催されます。

%A5%CD%A5%AF%A5%B9%A5%C6%A1%BC%A5%B8.JPG
ネクステージ

当日は講演会のほか、ワンランク上の医療サービスを提供する空間として誕生した、新提案{ネクステージ}他、ケア&キュア各タイプのユニット、ならびにアサヒ及びノーザの製品を、リニューアルオープンした
ショールームでご覧いただけます。
会場でお待ちしております。


特別講演会
日 時 : 平成19年9月17日(祝)13:30〜16:45
会 場 : タカラベルモント㈱TBホール(大阪市中央区)
定 員 : 120名
参加費 : 無 料
会 場 : タカラベルモント㈱大阪本社4F会議室

講演会タイトル
成功する歯科医院を構築するためにPARTⅡ
Dr.Kihara.jpg
講 師 : 木原敏裕先生

数多くの情報が氾濫する中、歯科医院の進んでいく方向を見失って
いるドクターが多くなっているのではないでしょうか。
歯科医療に携わる者として、仕事の本質を理解した上で、最終的に
患者さんに満足していただけるためには何を考えなければならない
のかを整理してみる必要があります。
保険制度が崩壊に向かって進んでいく中、歯科医院として何を目的
とし、どの方向に進んでいけばドクター&スタッフがストレスなく仕事
ができ、明るい将来が描けるのかをお話いたします。

成功する歯科医院におけるスタッフの役割と喜び
講 師 : 牧江寿子講師

私は毎日、充実感を感じながら歯科衛生士業務を行っています。
業務内容の8割がメインテナンス業務であります。もちろん理想の
治療をした患者さんばかりではなく大半が妥協的メインテナンスで
あり、大切なことは患者さんが納得して来院し、笑顔で帰っていた
だけるかどうかだと思います。
今回は、衛生士の業務に必要な環境、判断力などについてお話い
たします。

講演会はお申し込みが必要です。
定員になり次第、締め切らせていただきます。
お申し込み・お問い合わせ・資料請求は、こちらまで

最近は政府の施策もあり健康ブームですが、
歯科界では、歯科用CTが、ブームになっています。
メーカーによっては今、注文されても納入は来年になってしまいます。
というのも、センサー(検出器)部分の生産を日本のあるメーカー1社
に頼っているということで生産が追いついてない状況です。

CTはインプラントをされている先生には必需品になると考えていますが、
日常診療にも十分役に立ち、価格は3000万前後と決して安くはありませんが、
実際に導入されている先生のお話では費用対効果は見込めるとのことです。
歯科用コーンビームCTは、従来得られなかった3次元情報が容易に
得られることから、診断の革命として、今、大変注目されています。
今回、実際に日々の診断にCTをお使いの先生方を講師にお招きし、
歯科用CTにご関心をお寄せになっておられる先生方を対象に、
臨床におけるCTの導入効果についてセミナーが開催されますので、
ご案内申し上げます。
CT導入のご予定がなくてもCTを知っていただくためにお薦めいたします。
セミナーの詳細はこだわりイベント情報をご参照ください。

歯科用コーンビームCTは、従来得られなかった3次元情報が容易に
得られることから、診断の革命として、今、大変注目されています。
ご案内のセミナーは実際に日々の診断にCTをお使いの先生方を講師
にお招きし、歯科用CTにご関心をお寄せになっておられる先生方を
対象に、臨床におけるCTの導入効果についてお話いただきます。
この機会に、是非ご参加いただきますようご案内申し上げます。
CT導入のご予定がなくてもCTを知っていただくためにお薦めいたします。

歯科用コーンビームCT臨床応用セミナー
CTがもたらした診断革命
(安全・確実な診断、そして治療のために今歯科診断は大きな変革期を迎えています。)
日  時 : 平成19年9月16日(日)14:00〜17:00
参加費 : 無 料
会  場 : タカラベルモント㈱大阪本社4F会議室

院内を活性化させるデジタル画像システム(定員20名)
9月16日(日)14:00〜15:00
講  師 : 稲本良則先生

私の実体験を通して…
私自身がデジタルシステムを導入するまでの、いろいろな試行錯誤や実際の
診療風景、歯科医療に対する取り組み方などを交えて、これからの診療に不
可欠な画像コミュニケーションについて、私なりにお話させていただきます。

歯科用コーンビームCTの導入効果について(定員30名)
9月16日(日)15:30〜17:00
講  師 : 杉井則夫先生

地域に密着し、かつ高度な最新医療に取り組むことを目ざし、より確実な
歯科医療を提供できる歯科医院としてリニューアルオープン致しました。
そのポイントは、診断のプラスアルファを求め、セファロ領域の撮影が可能
なほどの大きな照射野を持ちながら、一歯ごとの詳細な撮影も可能なCT
の導入を選択したことです。
私が、CT専用機を選択した理由をお話するとともに、従来より使用しており
ます断層撮影による症例とCT診断の症例と対比させながら、画期的に変化
した3次元診断のメリットについてお話をいたします。
また、CT導入後の費用対効果についても簡単にお話させていただきます。


CTユーザーミーティング 
主   催 : ㈱吉田製作所
日   時 : 平成19年10月7日(日)10:00〜16:00
参加費用 : 10,000円(昼食代、懇親会費、消費税込み)
会   場 : 大阪国際会議場 グランキューブ12F 特別会議場
講   師 
小宮山彌太郎先生 「インプラント治療におけるCT画像の必要性」(基調講演)
林   揚春  先生 「即時埋入におけるCTの臨床応用」
大塚  隆   先生 「インプラント術前診断におけるCTの活用」
西村  眞   先生 「当医院におけるCT活用状況」
岡田  隆夫 先生 「イミディエートローディング法とCT活用」

お申し込み・お問い合わせ・資料請求は、こちらまで


%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%F3%A5%AD%A5%E5%A1%BC%A5%D6.jpg
ヨシダファインキューブ
パノラマレントゲンサイズのコンパクトCT
通常のレントゲン室(鉛厚1.5mm)にそのまま設置が可能です。

FineCube_shot_w.jpg

平成18年度概算医療費(厚労省まとめ)で、歯科医療費は2兆5100億、前年度対比で700億円(2,8%)減少となり、歯科医療費減額の影響が予想以上の数字となりました。
最近、歯科医師のワーキングプア-ということが言われていますが、先生方だけでなく歯科界全体の問題と考えます。
保険診療の枠を越え、高齢・少子社会に対応しインプラントに取り組む、矯正治療に取り組む、また、アンチエイジングやエステとのコラボなどメニューを増やすことも一考ですが、受診率を数パーセント上げることができれば問題は解消します。
私たちの周りには口腔内に何らかの問題を抱えている方が意外と多いのが現状です。
まずは歯科界の関係者及びその家族から受診を積極的に行い、また、周囲で口腔内に問題を抱えている人には啓蒙を行い、積極的に先生方を応援したいものです。
とはいえ、昨日も、会合で名刺交換をさせていただいた折、歯医者さんを紹介して欲しいといわれ、事情をお聞きすると、従来の差し歯をインプラントに入れ替えたい、掛かり付医はインプラントをやっておられないのでどこか紹介して欲しいとのことで、対応に苦慮しました。
それは、以前、インプラント総合コースベーシックに参加されている先生に参加の動機をお聞きして驚いたことを思い出したからです。
その歯科医院には、5人家族全員が受診されていたそうですが、ある日ご主人がインプラントはできないかと相談され、やっていなかったので他の方法を提示されましたがそれ以来、来院されなくなり、やがてその家族全員が来なくなったということです。
後日その先生は、その人が近くの歯科医院でインプラントを入れてもらい、家族全員がそちらに移ったということを知り、唖然とされたそうです。
ある程度の要望に応えていくことも時代の流れで必要なのかもしれません。

何時になく熱いお盆となりましたが皆様にはいかがお過ごしでしょう?
海外へいかれた方も多いと思いますが、風邪をひかれた方は体温(熱)
より気温のほうが高いので汗もでなく体がしびれるなどの症状で大変だったようです。
私は、いつもの通り書庫の整理、家の手入れ、庭の掃除で真っ黒です。
愛犬が夏ばてでダウンしています。暑いのでシャワーをあびすぎたのかもしれません。
KEN.jpg

さて、社会医療診療行為別調査結果の概要(厚労省)によると、
平成18年6月審査分の歯科診療の1件当り点数は1255,8点
前年に比べ106.9点、7.8%減少、
1日当り点数も581.2点と、前年に比べても17.9点、3%減少しています。
「我慢の限界」で以前書かせていただきましたが何もしないでいると<ゆで蛙>に・・・。
そこで、「何をすれば・・・」というご相談をいただきます。
それには、まず院内でのあらゆる場面でのコミュニケーションを見直されることをお薦めします。
コミュニケーションは言葉だけではありません。
また、言葉の場合キャッチボールになっているか?(受けて返す)
ドッジボールになっていないでしょうか?ドッジの意味はよけるです。
聞いたフリをしていたり、聞き流したり、次に話すことを考えていたり・・・。
いかがでしょう?
第3者に評価してもらうことも必要ですね!(お気軽にお声がけください。)

Producer糸瀬正通先生(IPO臨床研究会会長)

%BB%E5%C0%A5%C0%B5%C4%CC%C0%E8%C0%B8.jpg

今後インプラント治療の導入を考えておられる先生方から、ある程度経験をつまれ難しい症例に挑戦してみようと考えられている先生まで全ての先生を対象とした総合コースです。また、コース卒業後は「IPOI臨床研究会」の入会資格が得られ、総会と支部会(勉強会)に参加しながら継続してインプラントの研鑚を行っています。
尚、このコースはICOI(国際口腔インプラント専門医学会)の認定医取得準備コースです。
希望者にはICOI認定医、指導医の資格取得支援を行います。
臨床のスキルアップの為にぜひとも受講をご検討されることを期待しております。

%A5%D9%A1%BC%A5%B7%A5%C3%A5%AF%A5%B3%A1%BC%A5%B9A.jpg


ベーシック4カ月コース
研修費 500,000円(昼食、実習材料費を含む)

第1回  1月19日(土)14:00〜18:00 20日(日)9:00〜16:30
第2回  2月 9日(土)14:00〜18:00 10日(日)9:00〜16:30
第3回  3月 8日(土)14:00〜18:00  9日(日)9:00〜16:30
第4回 4月19日(土)14:00〜18:00 20日(日)9:00〜16:30

%A5%DE%A5%B9%A5%BF%A1%BC%A5%B3%A1%BC%A5%B9A.jpg


マスター4カ月コース
研修費 600,000円(昼食、実習材料費を含む)
但し、ベーシック4カ月コース卒業生は550,000円

第1回  1月19日(土)14:00〜18:00 20日(日)9:00〜16:30
第2回  2月 9日(土)14:00〜18:00 10日(日)9:00〜16:30
第3回  3月 8日(土)14:00〜18:00  9日(日)9:00〜16:30
第4回 4月19日(土)14:00〜18:00 20日(日)9:00〜16:30

会場 新大阪 日本メディカルマテリアル(株)8F会議室
定員 各15名

いつもすぐに満席になりますのでお早めにお申し込みください。
お問い合わせ、資料請求は、こちらまで

プレビスタの特徴
Three in One
一台にパノラマ、セファロ、CTを搭載、軽量、コンパクトな装置は特別な工事を必要とせず、従来のエックス線撮影室に設置できます。画像はすべてデジタルデーターで処理されコンピューター管理が可能、検索も容易で保管場所も取りません。
Panoramic 
高画質のデジタルパノラマです。
撮影後すぐにモニター上で画像を確認できます。
Cephalo   
パノラマと同様デジタルのセファロユニット。
コントラストを調整して硬組織、軟組織それぞれ強調させて表示できます。
CT      
0.1ミリスライスで再構成された3D画像を見たり、シュミレーションが可能です。
パノラミックラインを引いてクロスセクションでの画像を見ることも可能です。
Spec
タイプ SC(セファロ付)  センサー 12×7cmまたは8×5cm   重量310kg
     SP(セファロなし) センサー 12×7cm または8×5cm    重量270kg
エックス線照射方式   コーンビーム
エックス線検出器    フラットパネルデティクタ-
画像出力         40%階調(12bit)
撮影時間         CT:15秒 パノラマ:13秒 セファロ:12秒
画像姿勢         立位
画像再構成時間     初期再構成約2分)
管電圧 40〜90kVp 管電流 2〜10ma
実効焦点          0.5×0.5mm
パノラマ&セファロセンせー  デジタルマルチリニア
インプラント初心者向けにインプラント術前シュミレーションソフト
POI 3D-meisterが用意されており植立事のフィXクスチャ-や上部構造パーツを3D表示、実際のインプラント手術に近いシュミレーションができGBRやサイナスリフトのシュミレーションもでき、視覚的にわかりやすい3D画像はシュミレーションだけでなく患者さんに治療内容の理解を得るためのツールとしても活用できます。

Picasso.jpg
プレビスタ

日本においては現在、日立、ヨシダ、モリタ、GC、アサヒレントゲン、JMMの各メーカーの製品がラインUPされているがコンパクトであることから判断するとモリタとの競合になることが予測される。
アーチファクトもほとんど気にならないほど軽減されています。

hitachi.jpg
日立ニュートム

%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%F3%A5%AD%A5%E5%A1%BC%A5%D6.jpg
ヨシダファインキューブ

モリタ3DX

%8E%B4%8E%CE%8E%DF%8E%AF%8E%B8%8E%BD3D.jpg
エポックス3D

asahi01.jpg
アサヒレントゲン アルファード

臨床応用例についてはお手数ですがこちらをコピー&ドロップしてください。
モリタ3DXの症例です。
http://www.jmorita-mfg.co.jp/html/jp_products_diagnostics_general_3dx_animation.htm
【お問い合せは、こちらから】

韓国では16000軒の歯科医院に対して1000軒
つまり、16軒中1医院にCT(海外名称PicassoTrioPano+CT )が導入され海外へは200台が輸出されているという。

今回、日本メディカルマテリアルは、インプラントにかかわるトータルサポートシステム(診断-計画-材料-治療)の完成をめざし、韓国のイー・ウー・テクノロジーからCTのOEM供給を受け販売を開始することになりました。インプラント市場は前年対比20%の伸びで、今後益々拡大していくことが予測されています。

8月4日、日本メディカルマテリアル歯科用CTの発表会がヒルトン大阪で開催され糸瀬先生(福岡県開業)、張先生(福岡県開業)が、「日常臨床におけるエックス線CTの活用法」「CT装置の将来展望」と題し講演されました。

CTはインプラント治療だけではなく、歯科治療全般に渡り、3次元的解剖学的診断により正確な治療計画の立案や的確な審査診断に有効であり、予後の経過観察など幅広い分野で活用できるとし、症例について発表されました。

歯内療法における診査
歯周病の診断、顎関節の診断
膿胞の診断、歯根破折  埋伏歯
解剖学的口腔構造の診断
正確な術前の治療計画
予後の観察
骨の診断 骨密度 骨の硬さ 距離の測定
インプラントの選定 切歯管の確実な位置確認
インプラント植立時のインプラントの方向
ソケットリフト、サイナスリフトの経過確認
オセオインテグレーションの喪失診断
独自のソフトによるシュミレーション画像による診断
診断から手術までの時間短縮

患者さんは思ったより正確に診断してほしいという願望を持っており、
CTによる診断費用は1枚5000円、インプラント治療では片顎15000円と病院に比べかなり安く設定されていることもあるが、断られたことはないといい、この費用だけでリースの経費をまかなえ、また、最悪抜歯の症例でもCT画像による説明で、納得していただけ、治療計画に対する患者さんの同意率も向上しているそうです。

「2極分化が進む中 温暖化歯科 氷河期歯科はもとより、温暖化歯科の中でも収入増加医院と現状維持医院とに別れてきています。CTを導入されなければ、現在インプラントに取り組み成果を出されている先生も5年先はそこそこになってしまうCTの導入は絶対必要、CTの無い歯科には患者さんは来ない・・・。」と糸瀬先生は熱く話されていました。

私は、大きさも従来のパノラマと変わらず、エックス線室に入る大きさなので、導入のメリットは大きいと感じました。

本日、日刊工業新聞に関連記事が掲載されていましたので紹介させていただきます。

PreVista.jpg

CTの名称はプレビスタ
特徴はパノラマ、セファロ、 CTの3インワン
セファロ付、なしがあり、センサーは12×7CM(全顎)と8×5(片顎)の4機種
セファロの後付けはできない
CTのセンサーは本体に組み込まれており、センサーを取り外しする機種に比べ故障の発生率が少ない
価格はオープン価格で2000万前後になる。詳細は、こだわりの逸品をご参照ください。
これからインプラントを始められる先生には、ICOI認定意コースが大阪で毎年開催されています。
インプラントに安全、安心に取り組める一押しのコースです。
詳細はこだわりイベント情報をご参照ください。


ページ上部へ戻る チームマネジメントのサイトへ いい歯医者ドットコムのサイトへ
Copyright (C) 2006 IWASAKI Odontology Department Materials Corporation. All Rights Reserved.
Powered by Movable Type